貸事務所を契約しよう

新しい会社を立ち上げた時、会社登記には本店所在地を記載する必要があります。代表取締役の自宅等でも問題はありませんが、今後会社が大きくなっていくことを考えれば、貸事務所を借りてオフィスで仕事ができる状態を作るのが一番です。

貸事務所とレンタルオフィスの違いとは

初期費用の金額が大きく異なる

貸事務所を借りるときは、個人がアパートを借りるときのように敷金や礼金が必要です。借りた後、内装を整える必要もありまとまったお金が必要になります。一方、レンタルオフィスは用意された設備の利用料を含めた金額を毎月支払います。

部屋の使い方に差が出る

貸事務所の場合は、好きなレイアウトや雰囲気で室内をコーディネートすることができます。業種業態に合わせることも可能です。そして、レンタルオフィスはある程度決まったものを利用することが多く、自由度はそれほど高くありません。

コスパを考えて契約しよう

事務所を借りる限り家賃はもちろん、水道光熱費など様々な経費がかかります。事業収益と費用とのバランスを考えて契約しましょう。賃料や設備だけでなく働く従業員への賃金も必要です。事務所を借りた時に必要な初期費用と毎月のコストを計算してみると考えやすくなります。

貸事務所契約の流れ

スーツの男女

物件が決まると手続きスタート

借りたい事務所が決まったら貸主は入居希望者の信用調査を行います。会社概要など貸主が必要とする資料は速やかに用意できるようにしましょう。信用調査が済まないと手続きは前に進まず、もったいない時間を過ごすことになります。

手付金を収めて確実な約束にする

契約の手続きは書面のやり取りが多く、合意事項もしっかり確認するため時間がかかります。その間に予約状態を作り出すためにも手付金を収めるのが通常です。ただ、キャンセルをした場合は戻ってこないこともあります。

賃貸契約書の確認と捺印

契約書の内容は、双方きちんと確認して合意した内容にしておきましょう。未来のトラブルを防ぐためにも必ず必要なプロセスです。内容がしっかり確認できたら契約書に捺印し、契約成立となります。

かかるコストを検討して貸事務所を借りよう!

オフィス

貸事務所を探す際のポイント

貸事務所探しはコツがあるので、そこも知っておきましょう。賃料を左右するのは主に立地、面積、築年数です。駅から近いところの方が当然賃料は高くなります。法人、個人を問わずお客様が来訪する頻度の高い職種の場合、少し無理をしてでも駅から歩いていける範囲に事務所を構えるのが得策です。お客様はあまり訪問せず、従業員が通う面だけであれば少し郊外にして、駐車場を確保し車通勤を許可する手もあります。
面積は従業員の数分だけ机を置くことを考えれば最低限の広さは決まってきます。ミーティングスペースや応接ブースを考慮するのであればそれも必要な広さに含めましょう。
築年数が古い場合でも内装がリフォームされ、見た目や使い勝手がよくなっていることがあります。耐震や免振の対策がきちんととられている安全な建物であれば少し古くても実際に見に行ってみましょう。思ったより気にいった物件かもしれません。

新大阪で貸事務所で契約がスムーズに行なえる!

大阪で貸事務所を探すならこちらへ! 品物の保管にはトランクルームがイチオシ☆

広告募集中